ホーム > マンション管理Q&Aガイド > 管理費・修繕積立金 Q4

【管理費・修繕積立金】 Q4 管理費や修繕積立金の滞納に時効があるの?

管理費や修繕積立金の滞納を放置しているが、時効で回収できなくなる場合はあるの?

 管理費や修繕積立金には消滅時効があります。平成16年の最高裁判決で、「マンションの管理費等の再建は、民法169条所定(定期給付債権の短期消滅時効)の債権に該当する」と判断されました。民法169条は、「年又はこれより短い時期によって定めた金銭その他の物の給付を目的とする債権は、五年間行使しないときは、消滅する。」と規定されていますので、管理費や修繕積立金は5年で消滅時効に掛かるということになります。
 管理費や修繕積立金の滞納問題には、消滅時効に掛からないよう早めの対策を講じることをおすすめします。



マンション管理士・行政書士なのはな法務事務所では、
マンション管理の無料相談を受付けております。お気軽にご相談ください!
マンション管理士・行政書士なのはな法務事務所へのご相談・お問い合わせはこちら

▲このページのトップへ
マンション管理のQAガイドは、こちらから

管理費・修繕積立金