ホーム > マンション管理Q&Aガイド > 管理費・修繕積立金 Q2

【管理費・修繕積立金】 Q2 前の所有者の滞納管理費を請求された

中古マンションを購入したら、前の所有者の滞納管理費を請求された。支払う必要があるの?

 区分所有法7条では、区分所有者は、規約若しくは集会の決議に基づき他の区分所有者に対して有する債権について、債務者の区分所有権及び建物に備え付けた動産の上に先取特権を有すると規定しており、同法8条ではこの債権を債務者の特定承継人も請求できると規定されています。要するに前の所有者が管理費や修繕積立金を滞納していた場合は、その次に所有者となった人にも請求できるということです。

 宅地建物取引業法では不動産仲介業者に対して、売買物件の重要事項に関して書面を交付して買主に説明する義務があります。滞納管理費は重要事項にあたりますので、仲介業者が説明を怠っていた場合には、仲介業者へ損害賠償請求や契約の解除を請求することができます。

 滞納管理費があることを知らずに購入したからといって、管理組合との関係では支払義務を免れることはできません。前の所有者に代わって滞納管理費等を支払った場合は、前の所有者に求償できる場合もありますが、まずは中古マンションを購入する際は、重要事項説明書をしっかり確認しましょう。



マンション管理士・行政書士なのはな法務事務所では、
マンション管理の無料相談を受付けております。お気軽にご相談ください!
マンション管理士・行政書士なのはな法務事務所へのご相談・お問い合わせはこちら

▲このページのトップへ
マンション管理のQAガイドは、こちらから

管理費・修繕積立金