ホーム > 管理者とは

管理者とは

 マンション生活においてはあまり聞かない言葉ですが、あなたのマンションにもおそらく管理者がいます。

一般的には理事長が管理者

一般的には理事長が管理者  区分所有法(建物の区分所有等に関する法律)では、「区分所有者は、規約に別段の定めがない限り集会の決議によって、管理者を選任し、又は解任することができる。」と規定されています。
 管理者は、規約若しくは総会の決議で選任されます。職務としては、区分所有者を代理して、規約や総会の決議に基づいて、その決議を執行したり、共用部分や敷地及び付属施設の管理維持等のマンション管理を行います。法律上は管理者に資格はありませんので、法人でも区分所有者以外でも管理者になることができます。
 しかし、うちのマンションでは管理者なんて聞かないし、選任した記憶も無いと思う方もいらっしゃると思います。それもそのはずで、一般的には理事長がその名称で法律上の管理者の役割を担っているからです。国土交通省が発表している「マンション標準管理規約」においても、総会で組合員から理事及び監事が選任され、さらに理事の互選で理事長が選任されるものとしたうえで、「理事長は、区分所有法に定める管理者とする」と規定されています。



マンション管理士・行政書士なのはな法務事務所では、
マンション管理の無料相談を受付けております。お気軽にご相談ください!
マンション管理士・行政書士なのはな法務事務所へのご相談・お問い合わせはこちら


▲このページのトップへ
マンション管理士・行政書士なのはな法務事務所へのご相談・お問い合わせはこちら 千葉県を中心に、東京都 埼玉県 茨城県 神奈川県対応いたします。

【基本対応地域】
千葉県を中心に、東京都 埼玉県 茨城県 神奈川県対応いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

受付:AM9:00 - PM6:00 土日も対応いたします。
マンション管理のオススメ書籍は、こちらから マンション管理ニュースは、こちらから マンション管理のQAガイドは、こちらから