ホーム > マンション管理のオススメ書籍一覧 > マンション判例で見る標準管理規約新版

マンション判例で見る標準管理規約新版



 区分所有法第30条では、「建物又はその敷地若しくは附属施設の管理又は使用に関する区分所有者相互間の事項は、この法律に定めるもののほか、規約で定めることができる。」とされており、規約を定めることができます。  また、国土交通省では、この規約の標準モデルとして「マンション標準管理規約」を公表しています。大半のマンションでは、このマンション標準管理規約を基礎として管理規約が作成されていますが、管理規約の設定、変更などを検討する際には、あらかじめ、条文の設定例や設定の可否について判例などを参照することが不可欠です。本書は、広く参考とされているこの「規約」の条文ごとに、これまでの管理規約をめぐる判例を簡潔に要約して配置し、規約条文に対応して直接に参考となる判例が参照できるようにしたものです。



マンション管理士・行政書士なのはな法務事務所では、
マンション管理の無料相談を受付けております。お気軽にご相談ください!
マンション管理士・行政書士なのはな法務事務所へのご相談・お問い合わせはこちら

▲このページのトップへ
マンション管理のオススメ書籍は、こちらから

マンション管理のオススメ書籍では、当事務所がオススメするマンション管理に関する書籍をご紹介していきます。管理組合の円滑運営の手掛かり、また問題解決・問題予防のご参考にご利用ください。